中1の息子に教える株式投資の始め方

40代の兼業投資家です。2019年の秋に株式投資を始める予定の息子「くま」に、投資の心構え、決算書の読み方、ビジネスモデル等をやさしく教えます。

企業分析

明豊ファシリティワークス 2020年度2Q発表後

1.明豊ファシリティワークス決算前のブログアクセス数 このブログを読んでくれる人は少ない。でも良いんだ、趣味で書いているだけだから。 そんな「すっぱいブドウ」を地で行くような文章を何度も書いている。 しかし、明豊ファシリティワークスの分析を書…

明豊ファシリティワークスを買った理由④ 

1.決算前のきもち 明豊ファシリティワークスの分析記事を書き始めてからブログのアクセス数が増えた。 連休明けの11月5日に2Qの決算が発表される事実が、アクセス数に拍車をかけているんだろう。 もっとも、もともと訪問者がごくわずかなブログなので、増…

明豊ファシリティワークスを買った理由③ 将来性について

1.中長期の投資家なので 自分自身のことは中長期の投資家だと思っている。 成長しつつある企業を安く買って中長期で持つ。業績と共に株価が上がっていくのを楽しみとする。そういう投資家になりたいと考えている。 実際は業績があがるかどうかは分からない…

明豊ファシリティワークスを買った理由

1.株との付き合い 自分は長期投資家だと思っている。 だから株の売買の頻度は低い。所有する株の一部を売ることは時々あるが、割合を変更するだけの事が多い。つまり下がる可能性が高いと判断した株の割合を減らしたり、上がる可能性が高いと判断した株の…

マークラインズ2Q決算分析・・・②、あるいはポジショントーク

1.その他の事業が存在感を増している マークラインズの事業の柱は情報プラットフォーム事業だ。 今回は、情報プラットフォーム事業以外の5つの事業について書く。決算前に書いた記事はこちらです。 この記事の中にこんな事を書いた。 「マークラインズの…

マークラインズ2Q決算分析・・・①

1.沖縄は雨だった 夏休み、ということで沖縄に行ってきた。 妻と、高2の娘と中2の息子の4人で家族旅行。 台風9号による風と波と雨にずっと悩まされた。「亜熱帯の青い海で泳ぐ」という目的は達せられずに終わった。 それでも久しぶりの家族旅行は楽し…

マークラインズ2Qの予想をしてみた

1.前回までのあらすじ 前々回の話: 企業が出してくれる情報は大事だよ。特に月次を出している企業への投資は、月次から業績を読むことが最低条件だよ。みんなやっているんだから、それすらやらないのは、負け組投資家一直線だよ。 やり方がわからない初心…

マークラインズの第2四半期の業績予想をしてみた

1.決算間近のマークラインズ 決算シーズンがやってきた。 私の主力銘柄であるマークラインズは、8月2日に第2四半期の決算を発表する。 マークラインズは12月決算なので、今回の第2四半期決算は1月~6月までの半年間の業績が発表されることになる。 …

システムディ 第2四半期会社説明会資料を読んで(その3)

システムディの決算分析、最終回です。 第1回と第2回は以下のリンクから見てください。 1.売上 = 顧客数 ✕ 単価 売上は、「顧客数」と「顧客あたりの売上高」をかけた数字になる。これはどんな商売でもおんなじだ。売上を増やすには、顧客数を増やすか…

システムディ 第2四半期会社説明会資料を読んで(その2)

1.会社説明会資料を読んでの疑問点 上方修正があったシステムディ。会社説明会の資料も出たのでいろいろ分析したよ、という話の続き。 会社説明会資料を読んでいくと、いくつか疑問が湧いてきた。疑問は主に資料P16の周囲から湧いてくる。 これがそのP16だ…

システムディ 上方修正と第2四半期決算の分析

1.ストップ安でナンピン買いしたシステムディ 半年前、私の持ち株であったシステムディは決算発表後にストップ安となった。同じ日にプレミアグループという企業の株もストップ安になっていたので、たった1日でお金がびっくりするくらい減った。 私はかな…

ウィザスの決算分析/ショボい来期予想に泣く

1.ウィザスの2019年3月本決算発表 5月14日、2019年3月のウィザス本決算が発表された。 発表を受けて、株価は下がった。 発表前は「コレは行けそうだ!」と思った。発表前から株価は上昇していたが、まだまだ安いと考えて買い上がっていった。 そして発表さ…

ウィザスを買った理由

1.明日が決算 私のポートフォリオにウィザスという企業の株がある。 ウィザスは明日が決算だ。決算とは企業の成績表の発表だ。みんなが思っているより良い成績だったら株価は上がるだろう。悪い成績だったら株価は下がる。 株主なら、決算発表はたいへんド…

マークラインズ・・・真のプラットフォーマーへの脱皮を待つ

マークラインズ企業分析の最終回。前回までに書ききれなかったことと、今後の展開についての妄想を。 1.営業利益率が高い マークラインズが運営する自動車産業情報ポータルサイトは、ほとんどライバルがいない。ライバルがいないので価格競争は起こらない…

マークラインズ・・・有料会員数の増加を追えば会社の成長が理解できる

マークラインズの中核事業は、自動車産業情報のポータルサイトを運営しその有料会員から使用料を受け取る事だ。 この情報ポータルサイトの月額使用料に加え、自動車産業に特化した人材紹介事業やコンサルティング事業、市場予測情報販売やバナー広告なども行…

マークラインズ・・・・興奮と共に買い進めた理由

1.素晴らしい企業との出会いは投資家を興奮させる 私はマークラインズという企業の株を保有している。購入したのは2016年の9月だから、2年以上前からの株主だ。 この株を知って、すぐに購入を決定した。久しぶりに「完璧な株」を見つけた!そう思った。投…

プレミアグループ、MSワラントのゴタゴタで得をしたのは誰なのか。

・・腐ってやがる・・・遅すぎたんだ・・。 3回にわたってプレミアグループの企業分析とMSワラントについて書いた。もはや旬は過ぎた。でも書きたいことは書く。 というわけで続き。 ここで、MSワラント発行のアナウンスから取り下げまで、その流れを時系列…

旬は過ぎてしまったが、MSワラントとは何かという話

MSワラントの発行をIRして株価が暴落したプレミアグループ。 株主だった私はがっかりした。だからせめて今回の事を経験として蓄積して今後に生かしたいと思った。お金は減ってしまったが、それを経験として回収できれば完全な無駄ではない。単純に忘れてしま…

プレミアグループの新規事業について

前回の記事はプレミアグループが発表している決算説明会資料をベースにグラフを作成しました。私が自分の理解のためにエクセルで作ったグラフなので、あんまり数字をきちんと入れていない事については目をつぶってください。 市場などの数字は山本潤さんとい…

MSワラントで悪名を馳せてしまったプレミアグループを買った理由

数日前はナンピン買いまでしたシステムディが、一時的だとは言えストップ高になった。その後もそこそこ上げている。この程度で売るつもりはないのだけど、実に気持ちがいい。ああ、持ち株が上がるのはなんて素晴らしいんだろう。 ちょっと前に主力の持ち株で…

システムディ、1月の企業説明会資料を読んで

決算で激しく売られたシステムディ。 暴落したところをナンピン買いした、という話をちょっと前に書いた。 1月17日に機関投資家向けIRミーティングが開催され、その資料が1月21日に発表された。発表前の私の予想と、発表された内容について書きたい。 1.各…

システムディの企業分析 ナンピン買いまでした理由

先日システムディのビジネスについて書いた。今回は、この時期にナンピン買いまでした理由を書きたい。ポイントは以下の3つだ。 1.もともと切り替えの効かない業務用ソフトをつくっている2.売り切りのソフトからクラウド型の移行が進んでいる。3.2020…

システムディを買った理由

13年間で資産を700倍に増やした伝説の投資家、ピーター・リンチは言った。 「クレヨンで説明できないアイデアには決して投資してはいけない」 システムディがストップ安をした後にナンピン買いをした。昔の人が「下手なナンピンすかんぴん」と、ことわざにし…