中1の息子に教える株式投資の始め方

40代の兼業投資家です。2019年の秋に株式投資を始める予定の息子「くま」に、投資の心構え、決算書の読み方、ビジネスモデル等をやさしく教えます。

明豊ファシリティワークス 2020年度2Q発表後

1.明豊ファシリティワークス決算前のブログアクセス数 このブログを読んでくれる人は少ない。でも良いんだ、趣味で書いているだけだから。 そんな「すっぱいブドウ」を地で行くような文章を何度も書いている。 しかし、明豊ファシリティワークスの分析を書…

明豊ファシリティワークスを買った理由④ 

1.決算前のきもち 明豊ファシリティワークスの分析記事を書き始めてからブログのアクセス数が増えた。 連休明けの11月5日に2Qの決算が発表される事実が、アクセス数に拍車をかけているんだろう。 もっとも、もともと訪問者がごくわずかなブログなので、増…

明豊ファシリティワークスを買った理由③ 将来性について

1.中長期の投資家なので 自分自身のことは中長期の投資家だと思っている。 成長しつつある企業を安く買って中長期で持つ。業績と共に株価が上がっていくのを楽しみとする。そういう投資家になりたいと考えている。 実際は業績があがるかどうかは分からない…

明豊ファシリティワークスを買った理由②

1.信用できる人に頼みたい これからマイホームを建てる人の気持になってみる。 家のことや不動産のことなど何も知らないけれど、今度家を建てることになった。いろいろ調べたけどやっぱりよくわからない。そんな時に「建築アドバイザー」という人がいるこ…

明豊ファシリティワークスを買った理由

1.株との付き合い 自分は長期投資家だと思っている。 だから株の売買の頻度は低い。所有する株の一部を売ることは時々あるが、割合を変更するだけの事が多い。つまり下がる可能性が高いと判断した株の割合を減らしたり、上がる可能性が高いと判断した株の…

小学生向け会計クイズ

1.会社の数字を調べるのは手段 このブログでは決算書を読むことを推奨している。 「決算書も読めずに株式投資を行うのは火が熱いことを知らずに料理を始めるようなもの」「決算書を読めない投資家はマーケットの養分」 そんな話が時々出てくる。 もちろん…

黒字倒産とは何か?儲かってる企業が倒産する訳は?

1.黒字倒産! 商売がうまく行かなくて利益が出ない。そんな状態の事を「赤字」という。 逆に、商売が上手く行って儲かる状態の事を「黒字」という。 そのくらいは中学生でも知っているだろう。 しかし、世の中には「黒字倒産」という言葉がある。 商売が上…

ふたたびキャッシュフロー計算書の話

1.現金を増やす方法 前回、キャッシュフロー計算書を見ると企業が持っているお金の金額がわかるという話を書いた。せっかく話が出てきたので、ついでにもう少しキャッシュフロー計算書の話を続けたいと思う。 さて、お金をほとんど持っていない中学生のみ…

企業はどれだけお金を持っているか?借金の額は?

1.企業の持っているお金はここに書いてある 企業の売上が全くなくなろうと、借金が何兆円あろうと、手元に現金さえ残っていれば倒産はしない。逆にどれだけ売上があって利益があったとしても、他社にお金を貸していたとしても、手元に現金がなくなってしま…

手元の現金がなくなった時、会社は倒産する

1.会社はそんなに倒産しない はじめに書いておくが、会社なんてそんなに簡単に倒産しない。 現在、日本の上場企業は3,676社あるが、その中で倒産する企業は年間数社しかない。平成の30年間で倒産した上場企業は234社だ。 リーマンショックの影響で平成20年…

「株なんて明日にでも紙屑になるかもしれない」

1.世にも恐ろしい株式投資 生活があまりにも忙しくて随分ブログを更新していなかった。 もう退場してしまったのではないか? そんな風に思った読者の方も1人くらいはいるかもしれない。 でも更新していなかったと言っても2週間程度だ。そんな短期間に退…

目の前のビッグチェンジに気付かないこと

1.医薬品、という商品 病院で出される「お薬」とは、とても変わったタイプの商品だ。 処方箋がないと買えない、医師の診察を受けてからじゃないと買えない、保険が効くので少なくとも7割引で買える。生活保護受給者はタダでもらえる。 そして何よりも、商…

テンバガーはまず身の回りから

1.ビッグチェンジを起こした企業を探そう 買った株が10倍以上に値上がりするテンバガー。 誰もがテンバガーに憧れる。わたしも憧れている。 そんな素敵なテンバガー、いったいどうやって見つければいいか? という話の続きを今回書きます。 テンバガーのタ…

テンバガーの3つのタイプ

1.ビッグチェンジとテンバガー ネコが女の子に化ければ不良も思わず更生してしまう。そんな「ビッグチェンジ」が起こった会社を買えば儲かるよ。だけどどうやってそんな会社を探せばいいんだろう。 そんなところで前回の話が終わった。 今回はその続き。 …

「捨て猫を拾った不良」がビックチェンジなら買え

1.捨て猫を拾った不良の末路 前回、「捨て猫を拾った不良」を大げさに持ち上げるのは危険だ、という話を書いた。 ちょっと優しいところがあったとしても、不良は不良。万引や暴力を引き続き続けるようなら、一時的な評判の上昇など何の役にも立たない。 そ…

捨て猫を拾う不良より、80点を取った出来杉君を買え

1.雨の日、捨て猫を拾う不良 私はネコが好きだ。ネコ好きに悪い人はいない、と思っているくらいだ。 しかし「捨て猫を拾う不良が良い人扱いされる」という話は好きじゃない。 ここでの「不良」とは、「威圧的な態度と服装で周囲を威圧し、飲酒喫煙万引暴力…

え?バイトのやりすぎで留年?時給は?

1.学生時代のアルバイトの思い出 学生時代に一度もアルバイトを経験しないで社会人になった人を時々見かける。 初めてそんな人に会ったときはとても驚いたが、珍しくもなんともない事がわかった。お金が潤沢にある人はわざわざアルバイトをする必要性がな…

千里の馬は常にあれど伯楽は常にはあらず

1.投資家の妄想 「あの時に〇〇しとけば、今頃ぜんぜん違う人生を歩んでいただろうなあ・・」 お盆休みに帰省し、つい高校時代のアルバムなどを見てしまう。ちょっとしたきっかけで昔の記憶がよみがえる。 10年以上前の記憶が、当時の感情とともに浮かんで…

あなたがどれだけ損をして感情的になってもマーケットはかまってくれない

1.決算シーズンが終わって 8月14日をもって夏の決算祭りが終わった。 私のポートフォリオを構成するマークラインズ、ウィザス、日本リビング保証、プレミアグループなどは、いずれも良好な数字を出した。 デジタルガレージ等、見た目がパッとしない決算…

マークラインズ2Q決算分析・・・②、あるいはポジショントーク

1.その他の事業が存在感を増している マークラインズの事業の柱は情報プラットフォーム事業だ。 今回は、情報プラットフォーム事業以外の5つの事業について書く。決算前に書いた記事はこちらです。 この記事の中にこんな事を書いた。 「マークラインズの…

マークラインズ2Q決算分析・・・①

1.沖縄は雨だった 夏休み、ということで沖縄に行ってきた。 妻と、高2の娘と中2の息子の4人で家族旅行。 台風9号による風と波と雨にずっと悩まされた。「亜熱帯の青い海で泳ぐ」という目的は達せられずに終わった。 それでも久しぶりの家族旅行は楽し…

じぶんの業績予想、みんなの業績予想

1.マークラインズの決算後分析は次回以降に 先週の金曜日にマークラインズの決算が出た。 今日はブログに書いていた私なりの予想と実際の決算内容の比較と、今後のマークラインズの業績の展望について書くべきなのだろう。 このブログを読んでくれている方…

マークラインズ2Qの予想をしてみた

1.前回までのあらすじ 前々回の話: 企業が出してくれる情報は大事だよ。特に月次を出している企業への投資は、月次から業績を読むことが最低条件だよ。みんなやっているんだから、それすらやらないのは、負け組投資家一直線だよ。 やり方がわからない初心…

マークラインズの第2四半期の業績予想をしてみた

1.決算間近のマークラインズ 決算シーズンがやってきた。 私の主力銘柄であるマークラインズは、8月2日に第2四半期の決算を発表する。 マークラインズは12月決算なので、今回の第2四半期決算は1月~6月までの半年間の業績が発表されることになる。 …

さあ決算だ。その前に業績を読もう!

1.業績を読もうとする投資家 その企業の商品やサービスがいっぱい売れる。売上が伸びて利益が増える。お金がどんどんその企業に入ってくる。 そうなると株価が上昇する。 企業が存在する目的は「お金を稼ぐこと」だ。それ以外にも企業の役割はあるが、お金…

成長株の株価とシラスウナギの値段

1.シラスウナギの値段 さて、土用の丑の日となった。前回書いたようにうなぎを食べる予定はない。 でも、今日はうなぎの養殖の話の続きを書いてみたい。 上の記事に書いたとおり、うなぎの稚魚であるシラスウナギは1kgあたり180万円から360万円もするらし…

8月にスイカを買って、2月に売れ

1.土用の丑の日とうなぎ 明日、7月26日は「土用の丑の日」だ。 ますます暑くなるこの季節に夏バテ対策としてうなぎを食べる、という風習が広まったのは江戸時代だ。「玄米と味噌汁と漬物」という食生活をしていた江戸時代の人にとって、夏前に栄養価の…

うなぎの養殖と成長株

1.うなぎの稚魚 うなぎの研究をしていた友人がいる。 ご存知の方も多いと思うが、うなぎの生態は実に複雑だ。うなぎは、フィリピン近くの太平洋で産卵する。そこで孵化した稚魚がわざわざ日本まで泳いでくる。日本まで泳いできた後、淡水にも住めるように…

ジェイコム株大量誤発注事件とは

1.本当に市場にお金が落ちていた話 「マーケットで「価格のゆがみ」ができてもすぐに解消される。確実に儲かるチャンスなんだから、最初に見つけた人がそのチャンスを使ってしまう。 道に76,000円が落ちていたら誰でも拾う。同じように、マーケットに落ち…

「せどり」と「価格のゆがみ」と「投資戦略」

1.地域あたりのせどりプレイヤー 前回、せどりと裁定取引について書いた。 「ブックオフに落ちているお金を拾いに行く」のが、せどりの本質だ。安く売っているものを買って、高く売る。高く売れることを確認してから買うので、正しくやればほとんどリスク…